anesth-kpum

anesthesiology, kyoto prefectural university of medicine

Sawa Unit

●急性肺傷害・敗血症に関する研究:グラム陰性菌による重症肺炎、急性肺傷害、敗血症の病態メカニズム、それらに対する新しい治療法の開発に取り組んでいます。とくに多剤耐性菌感染に対して、免疫を賦活する治療法開発を重視しています。
指導教官:佐和貞治教授
大学院2年 加藤 秀哉
大学院2年 安本 寛章
大学院1年 清水 優


「緑膿菌Ⅲ型分泌システムが関わる病原性に関する研究」


I型タンパク分泌毒素システム
[flv:http://anesth-kpum.org/blog/wp-content/uploads/2012/05/type1.swf 200 200]
Ⅲ型タンパク分泌毒素システム
[flv:http://anesth-kpum.org/blog/wp-content/uploads/2012/05/type3.swf 200 200]
緑膿菌のⅢ型タンパク分泌毒素システム
[flv:http://anesth-kpum.org/blog/wp-content/uploads/2012/05/contact2.swf 200 200]