anesth-kpum

anesthesiology, kyoto prefectural university of medicine

院生研究抄読会:4W 4月28日(月) (柴崎先生)

午後6:30 中央手術室ドクターラウンジ
Recruitment of beneficial M2 macrophages to injured spinal cord is orchestrated by remote brain choroid plexus.
Immunity.2013 Mar 21;38(3):555-69
PMID: 23477737
Cell Press
Microglia(CD11b陽性細胞)は発生初期にYolk sac macrophagesが中枢神経系に移り、そこで分化した免疫担当細胞です。MicrogliaはMacrophagesやMonocytesのように 貪食能を有しており、中枢神経系に炎症や変性が生じると活性化されスカベンジャーとして機能することが知られています。また病変部位では CD11b陽性細胞の数が増え、形態学的変化を伴うことも知られています。
しかしながら病変部に集積しているCD11b陽性細胞は中枢神経系の外からやって来たのか、あるいは既に中枢神経系に存在するCD11b陽性細胞 (Resident microglia)が増殖しただけなのか、まだまだ不明な点が多くあります。
本論文ではマウスの脊髄損傷モデルを用い、損傷部位に集積するCD11b陽性細胞の役割と侵入経路についての報告です。