anesth-kpum

anesthesiology, kyoto prefectural university of medicine

京府医大・関係病院間 麻酔科後期研修委員会

関係病院麻酔科の部長・副部長・医長先生へ

京都府立医科大学・関係病院間 麻酔科後期研修委員会

 平成25年度の後期研修プログラム作成について、大学医局と関係病院麻酔科間で「麻酔後期研修委員会」として、協議をいたしたくご連絡させて頂きます。
 6月30日(土曜日)の第18回京滋麻酔科医会学術講演会(17:30〜19:40、京都センチュリーホテル一階)に先立ち、同じホテル内の別室で、同日午後15:00より協議の機会を設けさせて頂きました。

日時:6月30日(土曜日)午後15:00〜17:15 
     (続いて、第18回京滋麻酔科医会学術講演会(17:30〜19:40))
場所:京都センチュリーホテル内の一室

 平成25 年度後期研修医の募集は、卒後3〜5年目の間の魅力ある後期研修プログラムを大学と関係病院間、もしくは関系病院間で、たとえば「タスキがけ後期研修プログラム」等を作成し、それに基づき公募した結果で採用に至った後期研修医師にはそのプログラムに沿ったカリキュラムを優先的に実践することを提案したいと考えています。
——————————-
例:関係病院での麻酔科志望の初期研修医の関係病院優先配置
 現在、◯◯病院での初期研修医(麻酔科志望)
 平成25年4月〜平成26年3月:◯◯病院での麻酔科後期研修
                   (大学での週一回帰還研修設定)
 平成26年4月〜平成26年9月:大学での麻酔後期研修
 平成26年10月〜平成27年3月:大学での心臓麻酔集中研修
 平成27年4月〜平成27年9月:大学での集中治療(成人・小児)麻酔研修
 平成27年9月〜平成28年3月:希望に沿って◯◯病院での帰還研修など
 平成28年4月〜:本人の希望で大学院進学、もしくは
             心臓麻酔、集中治療専従、ペイン緩和専従など
 ——————————-
大学を含めて公立・公的関係病院、合計15病院を対象として、後期研修プログラムの作成をお願いいたしたく協議の場を設けさせて頂きます。初期研修指定病院で平成25年度に後期研修医師の獲得・研修配置を希望される病院の麻酔科管理責任の先生(部長・副部長・医長等、複数出席可)には、ご出席いただきますようにお願い申しあげます。もし、責任者先生がご出席できない場合、代理の先生のご出席をお願い申し上げます。
 関係病院の先生方の方でも、具体的な案や、麻酔科後期研修医師の候補や希望があれば、この協議会で研修プログラムについて調整をして、大学・関係病院間でより多くの研修医師の獲得を目指したいと考えています。
よろしくお願い申し上げます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です