anesth-kpum

anesthesiology, kyoto prefectural university of medicine

京都府立医科大学創立140周年記念事業「新大学門」完成

……………….
京都府立医科大学創立140周年記念事業の一環として実施されていた「大学門改築整備」が平成24年7月14日(土)に竣工のはこびとなりました。晴れた日の朝、日傘をさして一人の女性が旧図書館から新大学門へ歩いてくる風景にシャッターを向けました(by T.S.)。

<大学門概要>
この門は、本学卒業生の寄付金等を得て、建築家 高松 伸氏のデザイン・設計・監修により改築整備したもので、本学の前身である「京都療病院」が粟田口青蓮院から現在地に新築移転した1880年(明治13年)当時の正門を一部再現し、140年の歴史と未来に向かって更なる発展をめざす大学の姿を表現しています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です